2021/11/24 (更新日:2021/11/24)

側弯症を進行させないために日常生活でやってはいけないこと

未分類

こんにちは
側弯症改善LABの富田です。

今回は皆さまからのご質問の中でも多く寄せられる「側弯症で日常生活で気を付けること」というテーマです。
側弯症に限らずですが、どんな病気でも日々の過ごし方というのは症状の改善や悪化にとても影響を与えます。

なぜなら治療のために通院している時間よりも普段の生活の時間の方が圧倒的に長いからです。

特に側弯症では、姿勢や動作などが大きく関係してくるため、日常生活での心がけが常に背骨に影響します。
細かく上げるととても長くなってしまうため今回は4つにまとめました。

今回上げる4つはどのカーブパターンにも当てはまるようなものをピックアップしています。
このほかにも注意点はあるのですが、それはカーブパターンによって変わってきてしまうので今回は割愛します。

今回上げる内容だけでも、側弯症の改善にはとても重要なことなので、ぜひ参考にして頂けたらなと思います。
より詳しい内容は患者様ごとのカーブパターンに合わせてお伝えしていますので、気になる方は1度ご相談ください

関連記事

新着記事

お知らせ記事

お知らせ記事は現在ありません

TOP> > 側弯症を進行させないために日常生活でやってはいけないこと

初回限定無料 カウンセリング・検査・運動療法が受けられます!

最後までお読みになってありがとうございます。

日本では側弯症の運動療法(手術に頼らない方法)は、浸透してなくて、せっかく早期に発見された側弯症でも手術以外に選択しがなくて悩まれてる方も多いと思います。

ただ、世界には側弯症の運動療法というのが存在して、それが確かな効果を発揮してます。

当院は、その施術を行う数少ない治療院です。

通われているとき以外にも日常生活の面でもサポートしていけることもあるので、お気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話・お問い合わせはコチラ 080-6804-4726