Q&A

Q:側弯症は、治りますか?

発症の原因を治す方法はありませんが、コブ角や脊柱のねじれを減らすことはできます。側弯症による腰痛や背中の痛みを緩和することができます。その成果の度合いは、運動療法のため、本人がどれだけ真剣に取り組めるかがカギになります。

どれだけよい結果になるかは、年齢や現在のコブ角等の進行リスクにもよりますので一度、ご相談ください。

Q:大人になってからでも効果がありますか?

子供も大人も関係なく側弯症によい影響をもたらします。年齢が若く骨が未成熟なほど、進行はしやすいですが脊柱の柔軟性があるため湾曲を改善しやすいですが、大人の場合、進行はしづらいですが柔軟性が落ちるため改善に時間がかかる傾向があります。

Q: 日常生活で気を付けた方がいい事はありますか?

もちろんあります。 側弯症は発症の原因は未だ不明とされていますが、カーブを進行させてしまう要因はある程度解っています。そしてそれらは日常生活で意識をすれば防げるものばかりです。例えばすべての側弯症に言えることは『猫背にならない』ことや『重たい荷物をなるべく持たない』こと等です。動画でも説明していますのでご覧になってみて下さい。カーブパターンによって全く変わってくるものもありますので詳しくは個別でお伝えしております。

Q:何回ほど通いますか?

症状にもよりますが、遠方からいらっしゃる方にもご相談の上、無理のないスケジュールを決めていきます。 当院が行うプログラムは元々は数週間の入院が必要な複雑なものでしたが、研究の末、現在では通院でも従来より効果的に行えるよう改良されています。自宅でも同じような効果が得られるよう設計されていますので、一度習得してしまえばそう多くの通院を必要としません。ご都合に合わせて柔軟に対応していけますのでご安心ください。

Q:手術を回避できそうでしょうか?

絶対とは言えませんが、実際に回避できた方は多くいます。 側弯症をお持ちの方やそのご家族の方は病院での経過観察の度にカーブが進行していないか、いつか急速に進行して手術を余儀なくされてしまうのではないかと日々不安は尽きないと思います。しかしこのプログラムはそのような方のために作られ、多くの成果を上げ、そして数々の論文でその効果が科学的に実証されたものです。私も患者様やご家族の不安を拭えるように全力でサポートしていきます。

 

初回限定無料 カウンセリング・検査・運動療法が受けられます!

最後までお読みになってありがとうございます。

日本では側弯症の運動療法(手術に頼らない方法)は、浸透してなくて、せっかく早期に発見された側弯症でも手術以外に選択しがなくて悩まれてる方も多いと思います。

ただ、世界には側弯症の運動療法というのが存在して、それが確かな効果を発揮してます。

当院は、その施術を行う数少ない治療院です。

通われているとき以外にも日常生活の面でもサポートしていけることもあるので、お気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話・お問い合わせはコチラ 080-6804-4726